ダイエットを楽しむアイテム

ランニングで体への負担を減らしながらダイエットを楽しむおすすめジムアイテムとは?

膝の痛み

ジムで有酸素運動のランニングやウォーキングをしてダイエットする時におすすめのアイテムは何があるのでしょうか。

体への負担を減らして有酸素運動を楽しく継続できるアイテムは、靴の中に入れる「ソール」アイテムです。

特にダイエットを始めるかはた標準的な体重よりも太っている方が多く膝や腰に負担がかかります。

ランナー膝という症状もあるので、予め知識と負担軽減できるアイテムをご紹介していきますね。

膝への負担軽減の為には、フォームソティックスのソールをお勧めします。

フォームソティックスのポイント
  • 快適なクッション
  • 超軽量インソール
  • 肉の疲労を低減
  • ランニングシューズの持つ性能を最大化
  • 足を自然にサポート

ジムで行う有酸素運動の不安点

膝の痛み

ジムで行う有酸素運動にはランニンクやウォーキング、ステップ、バイクなど色々なマシンや運動がありますよね。

ジムでダイエットをするほとんどの方は標準的な体重よりも太っている方が多いですよね。

体重が太っている方は、足首や膝そして腰に負担が強く出やすいのです。

しかし、太っている場合はジム20分以上の有酸素運動をして脂肪燃焼をしましょう

こんなフレーズを聞いたことがありませんか。

関節への負担が大きいとはなんとなくわかっていても、ダイエットを始める時には、モチベーションが上がっている為、ジムのトレーナーさんや雑誌記事やダイエット本などを読んでジムで60分休みなく走ろうと頑張ってしまいます。

でも実際には20分立たないうちに息があがって走れなくなったり、膝や腰が痛くなって運動を中止した経験があるかもしれませんね。

外を走るととても硬いコンクリートの上を走ることになり、怪我にもつながりやすいのですが、ジム内ではトレッドミルというウォーキングやランニング専用マシンがあります。

トレッドミルはコンクリートに比べて、足腰に負担が少ない柔らかいマシンなので長時間運動していても膝などに負担は少ないと言えます。

それでも運動をする回数や時間が増えれば、必然的に疲労や痛みなどがでることもあります。

そこで体への負担を減らしてくれるソールアイテムについてご紹介していきますね。

有酸素運動にはソールアイテムで負担をへらそう

膝痛い

走る、歩くなどの有酸素運動で膝に痛みがない方は良いのですが、この記事では走ると何故か膝が痛くなる方に知ってほしいアイテムがあります。

それが靴の中に入れるソールです。

フォームソティックスというソールアイテムを使用すると、膝への負担が軽減されて膝への不安が軽減され集中してダイエットの為にジョギングやランニング、ウォーキングができるようになりますよ。

ソールアイテムの効果には、個人差があります。

膝の痛みの原因によってはソールアイテムでは対応出来ないケースもあります。痛みがある場合や痛みが続く場合には必ずお医者さんに見てもらい根本的な原因を確認しましょう。

きちんと痛みを治療すること、そしてお医者さんからのアドバイスも取り入れて運動をすることをお勧めします。

フォームソティックスで体の負担を軽減よう

フォームソティックス緑フォームソティックス緑

フォームソティックスの特徴を見てみましょう。

フォームソティックスのポイント
  • 快適なクッション
  • 超軽量インソール
  • 肉の疲労を低減
  • ランニングシューズの持つ性能を最大化
  • 足を自然にサポート

ジムで使用するトレーニングシューズやランニングシューズにフォームソティックスを入れることで、足への負担を軽減してみませんか?

個人差はありますが、私は長く歩いたり走ったりすると疲れたり息切れするよりも、膝が痛くなってしまうことが多いのですが、フォームソティックスのソールを使用してから膝への負担が軽減して同じように走ったり、歩いても膝の調子が良いので気持ち良く運動ができます。

フォームソティックス 公式ページフォームソティックス ランニング 公式ページ

フォームソティックスのショップリスト、メディカル公式ページ

まとめと体験談

有酸素運動を繰り返すと体に負担がかかりますが、ソールアイテムを上手に活用することで、体への負担をコントロールすることができますよ。

足や膝への負担を軽減できるフォームソティックスのソールを活用して、安心ジムダイエットを始めてみませんか。

フォームソティックスのポイント
  • 快適なクッション
  • 超軽量インソール
  • 肉の疲労を低減
  • ランニングシューズの持つ性能を最大化
  • 足を自然にサポート

ここで私の体験談を1つご紹介しますね。

私はダイエットを始めた頃、硬いコンクリートを一生懸命に走ってしまい徐々に右膝に痛みが出るようになってきました。

まだ走れそうだけれど、右膝が痛い。20分くらい走ると間走ると痛くなってしまい有酸素運動で脂肪燃焼をすることを諦めていたのです。

その時にフォームソティックスに運命的に出会いました。

フォームソティックスをシューズの中に入れてみると、右足と左足でソールの感覚が全く違うんですよね。

右足はソールの内側に多くの体重がかかる感覚がわかりますが、左足はソールの内側にそこまで体重がかっていません。

きっと昔サッカーで右足首を何度も捻挫してしまったので、その影響が出ているのかもしれません。

私達はプロのアスリートではありませんが、ダイエットを楽しむプロとしてなるべく体に悪い負担をへらす努力を続けなくてはいけませんよね。

過去に行ってきたスポーツや習い事、そして仕事などでの日常動作の癖など人ぞれぞれに体の歪みを持っているものです。

痛みや違和感を上手にサポートしてくれるアイテムを楽しみながら見つけることも、ジムで健康的にダイエットを続けるポイントですね。

ABOUT ME
hachito
ダイエットサポーター。 健康的に継続できるダイエットを目指して、ダイエットをあきらめないで続けて行けられるようにサポートをしていきます。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください