ジムダイエット失敗理由

とにかくマシンの数を増やしすぎるからジムでダイエットを失敗するのさ。初心者にお勧めはマシン5種類まで

背中トレーニング

ジムでよく見かける光景として、一生懸命にマシンを動かしている方々。
しかも、多い方は5種類以上から本当に多い方は、全種類10種類以上のマシンを3セットも行なっている方を見かけます。

でもね、この多くのマシンを行なったとしてもジムでダイエットを失敗している人もたくさんいるんですよ。

マシンの種類をやたらと増やして頑張っても、ジムの滞在時間が長くなるだけでダイエット効果が出なくては意味がありませんよね。

ダイエットの努力は、正しい方向へしないと意味がありませんよ。

初心者には、ジムでのマシンメニューを5種類以内にすることを強くお勧めします。

はちと
はちと
ジムでマシンメニューを5種類以上(多い場合は全部のマシン種類)行なっている方に確認して欲しい点をお伝えします。

マシンを10回(筋肉量アップの回数)または、マシンを15回(筋肉の引き締めの回数)連続動かしたあなたの表情は、はちとのようにニコニコとして余裕がありませんか?

余裕がある場合には、正しい重さ設定とは言いにくく、ダイエットの効果が薄いだけでなく、あなたの貴重な時間を無駄にしている可能性がありますよ。

はちと
はちと
マシンメニューを5種類以内にお勧めする理由

正しく重さと回数を設定すると、最後の1回(10回連続の10回目:筋肉量アップ、15回連続の15回目:筋肉引き締め)は動かしている腕や足、お腹や背中などがプルプルしていて、はちとのように真剣な表情をしていて、余裕無くマシンを何とか持ち上げようと必死になってラスト1回に集中しているはずです。

このような10連続または15回連続がやっとこさできる回数で正しく重さ設定ができると短時間でダイエット効果を出すことができます。

そして、このように正しい重さの設定ができた場合は、マシンメニュー5種類でも本当にクタクタになる程に疲れてしまい、10種類も15種類ものマシンメニューを行うことは通常できません。

マシンメニューを5種類以上軽々とできてしまい、疲れもほとんど感じない場合には重さが軽すぎる可能性があるので、重さ設定をトレーナーさんに確認してもらうことをお勧めしますよ。

ジムのマシンメニュー数による時間比較

マシンメニューをする人

ダイエットを目指して一生懸命ジムでマシンメニューを行なっているあなた。
普段の仕事や家事、プライベートで本当に忙しい中 スキマ時間を使って何とかジムでの時間を確保されている方も多いのではないでしょうか。

あなたの貴重な時間をダイエット効果が少なくの長時間のトレーニングを続けるか、短時間で集中的に行うことで効果的なダイエットを目指すのか。

小学校や中学校、高校では1限辺り60分以内(45分〜50分)が多いですよね。大学に進学すると1限辺り90分(1時間半)です。大学では集中力を維持するのが大変だった記憶があります。
短時間で集中する為には、ジムでの運動時間を30分〜60分以内にすることをお勧めします。

決めるのはあなた次第ですよ。
私はジムで短時間トレーニングで、体重80kgから体重66kgまで約2年間ダイエットに成功していますよ。

ランニングマシンする人
マシンメニュー数 マシントレーニングにかかる時間
1種目を10回連続行なった場合の例として時間を計算しています。
(1種目15回以上連続で行う場合には、もっと時間がかかりますよ)
1種目10回を1セット 1分(動作+重さのピン調整も含む)

注意点:マシンを早く動かしている方(10回を15秒で終わるなど)は、重さ設定が軽すぎる、反動の力を利用している、また素早い動きは関節を痛めやすいので注意してみましょう。

セット間の休憩時間
(レスト)
1分

10回連続行なった後に、1分休みを入れて2セット目を行います。

休憩が1分もいらない状態、例えば10回連続行なった後すぐに後10回できてしまう場合は、連続20回できてしまうようなものです。

この重さ設定は軽すぎるので、10回連続やっと行い1分休憩して、次の10回もやっとできるような重さ設定を目指しましょう。

マシン5種目×1セット 5分

マシン5種目×1分×1セット=5分(セット間の休憩なし)

現実的には、マシン移動やシートやバー等の調整で10分程度かかることもあるよ。

マシン5種目×2セット 15分

マシン5種目×1分×2セット=10分
セット間の休憩1分×休憩回数1回×マシン5種類=5分

マシン5種目×3セット 25分

マシン5種目×1分×3セット=15分
セット間の休憩1分××休憩回数2回×マシン5種類=10分

初心者は特に集中して重たい(正しい重さ)マシンを使う場合には30分以内を目安としてくださいね。
そうすることで、フォームの崩れを防ぎ怪我の予防にも繋がりますよ。

マシン10種目×3セット 50分

マシン10種目×1分×3セット=30分
セット間の休憩1分××休憩回数2回×マシン10種類=20分

マシンメニューだけで50分かかると、その後体脂肪を燃焼させる有酸素運動(ウォーキングなど)を20分以上行うと70分(1時間20分)以上もかかってしまいます。

忙しいあなたが、1回1時間30分時間を確保できないとジムにいけないと嘆くのか、1回30分時間を確保できればジムに行けると考えるのかがジムに通うモチベーションをあげて、ダイエットを成功へ導いてくれるのです。

マシン15種目×3セット 75分

マシン15種目×1分×3セット=45分
セット間の休憩1分××休憩回数2回×マシン15種類=30分

マシンメニューだけでも75分もかかってしまっていますね。75分も集中的にトレーニングできるのは、アスリート(スポーツ競技者)のレベルではないでしょうか。

75分たった後に有酸素運動を20分以上もできるでしょうか。
時間と体力が十分にある方には良いかもしれませんが、一般的にジム初心者や忙しいあなたにはお勧めできません。

まとめ

ジムで効果的にダイエットを行う為には、マシンメニューの数を減らし、重さを適正に保つことが重要ということがわかっていただけましたでしょうか。

短時間でも正しい努力を続けていば、ダイエットの成果は得られます。反対に時間をたくさんかけてもダイエットの成果がでなければ、時間が本当にもったいないですよね。

はちと
はちと

この記事がダイエットに悩むあなたにとって参考になったら本当に嬉しいです。

一緒にジムで気軽に短時間のダイエットをして行きましょう。

 

ABOUT ME
hachito
ダイエットサポーター。 健康的に継続できるダイエットを目指して、ダイエットをあきらめないで続けて行けられるようにサポートをしていきます。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください