ポイント

筋トレの誤解、筋トレマシンセットの休憩を取らないで連続3セットしていない?

筋トレ

この記事では、ジムで良く見かける筋トレの誤解「マシンセットの休憩を取らないで連続3セットしている」について解説していきますよ。

ジムのマシンメニューでは、何kgで何回を何セット行うかメニューで指示されますよね。例えばレッグプレス(足全体)で20kgで15回を3セット行う筋トレメニューの場合。

20kg×15回×1を行った後に30秒休憩を入れた後に次のセットを行います。でもほとんどのジム初心者の方は、20kg×15回×1を行った後に休憩を入れずにすぐに次のセット(20kg×15回×1)を行いまた休憩を入れずにラストセット(20kg×15回×1)を行っています。

休憩を入れないで連続してマシンを動かした場合は、20kg×15回×3セットではなく、20kg×45回×1セットに設定しているんです。マシンを45回も連続して動かせる重さの設定では、いくら一生懸命に筋トレしてもダイエット効果は出にくいのです。

正しい重さに設定してあなたに合った効果的な筋トレをすると、15回連続マシンを動かした後にすぐに次の15回は動かせないはずなんです。だから30秒の休憩を入れないとマシンを動かせない。

反対に45回動かせる重さは軽いので休憩を入れずに45回も動かせてしまいます。例えるなら、スーパーでの買い物をしているようなもの。お菓子を手にしてやっぱり止めて、次のお菓子を手にとって悩んで止めて、次のお菓子を手にしてかごにいれる。この動作は日常生活レベルの動作で3回お菓子という軽い重さを動かしています。

このように軽い重さで45回も動かしてもほとんど体は反応しないのです。

正しい筋トレの重さとセット間休憩とは?

筋トレ

ほとんどの方がセット間の休憩を正しく理解しないで非効率な筋トレをしているのですが、健康的にダイエットをしたいあなたに、正しく効果的な方法を教えますね。

健康的に痩せる体作りとして、筋肉量を標準的な量まで増やしながらダイエットする方は、やっとなんとか10回連続動かすことができる重さに設定しますよ。

  • やっとなんとか10回連続動かすことができる重さ×10回×3セット(セット間休憩は60秒)

健康的に痩せる体作りとして、筋肉量は標準的にあるから維持して引き締めながら痩せたいという方は、やっとなんとか15回連続動かすことができる重さに設定しますよ。

  • やっとなんとか15回連続動かすことができる重さ×15回×3セット(セット間休憩は30秒)
はちと
はちと
当然ですが、やっと10回連続動かすことができるセットの方が重い重さでの筋トレとなります。

連続11回、12回できないかを実際に動かした時にチェックしてもし11回、12回とできてしまうようでしたらまだあなたにとっては軽すぎる重さで効果が出にくい状態での筋トレになっていますので、10回になるように補助の重りで微調整しましょう。

15回連続のセットも同様に考えて16回以上できてしまった場合には重りを微調整しましょ。

目的に合った正しい重さ設定でマシントレーニングを行い、きちんと体を回復させる為にマシンのセット間の休憩を取ることで効果的に健康的な体作りやダイエットができますよ。

軽すぎる重さ設定やきちんと休憩を入れなくても動作ができてしまうやり方では、時間を無駄にしています。

どうせジムで時間を使うならきちんとダイエット効果を出したいではありませんか。適当な重さで軽々と重りを45回も50回も動かしていても体は変わりません。それよりも、今日から少しづつあなたの本当に合った重さ設定と休憩をメニューに取り入れていきませんか?

ABOUT ME
hachito
ダイエットサポーター。 健康的に継続できるダイエットを目指して、ダイエットをあきらめないで続けて行けられるようにサポートをしていきます。